デオドラント選びは慎重に!敏感肌の人は特に注意が必要

デオドラント選びは慎重に!敏感肌の人は特に注意が必要

わきの臭いが気になる人は、その臭いをケアしようと色々なケアアイテムを使用しているでしょう。

 

特に多く使用されているのがデオドラントですが、デオドラントといってもスプレータイプやスティックタイプ、シートタイプやパウダータイプなどの様々な種類がありますので、その中から自分に合ったものを見つけて使用します。

 

しかし、ただでさえデオドラントは殺菌したり臭いを抑えたりしますので肌への負担がかかってしまいます。

 

特に肌に問題がない人なら良いのですが、敏感肌の人は肌荒れを引き起こすこともありますので慎重にならなければいけません。

 

では、敏感肌の人がデオドラントを選ぶときにはどのようなことに気を付けておけば良いのでしょうか?

 

それは、肌荒れを起こしやすい成分に気を付けておくことです。

 

敏感肌の人が肌荒れを起こしやすい成分は塩化アルミニウムやアルコール類、タール系色素やパウダータイプのデオドラントです。

 

また、肌荒れを起こしやすい成分が含まれていないのを確認したら、刺激が少なくて保湿成分が配合されているのを確認しておきましょう。

 

ワキの下は肌がデリケートですので、乾燥すると肌荒れを起こしやすくなるから保湿成分にも気を付けておきましょう。

 

 

敏感肌はデオドラントでもかぶれる

 

脇の汗や臭い対策で使用されるデオドラントは実際に多くの人が使用しており、そのほとんどは何の問題もなく使用して臭いを抑える効果を感じています。

 

しかし、敏感肌の人はかぶれて肌トラブルを起こすことがあり、自分の肌に合っていないデオドラントを使用しているからです。

 

また、敏感肌の人でなくてもワキの下にデオドラントを使用してかぶれる人も多くいます。

 

脇の臭いを解消しようと思って使用しているのに肌トラブルを起こしていては悩みが増えて大変になるだけです。

 

では、デオドラントでかぶれる人が多いのはなぜでしょうか?

 

それは、使用しているデオドラントに刺激の強い成分が配合されているからです。

 

特にドラッグストアで売られているような安いデオドラントには、塩化アルミニウムや化学物質などの刺激が強い成分が多く含まれています。

 

塩化アルミニウムは汗に反応することによって刺激の強い成分が出てきますし、清涼感を与えるメントールなどのアルコール類は肌表面にある皮脂や水分を必要以上に奪ってしまい、それがバリア機能を低下させてかぶれることもあります。

 

このようなことからも分かるように、デオドラントでかぶれる人は多くいますので成分をしっかり確認するようにしましょう。

 

 

敏感肌用のデオドラント

 

周りの人に迷惑をかけてしまうワキの臭いですが、様々なことが原因になって起こってしまうので、特にワキの下に汗をかきやすい人は気を付けておかなければいけません。

 

また、わきの臭いが気になる人の中には敏感肌の人もいるでしょうが、そうした人は脇の臭いを抑えるためにデオドラントの使用を考えている人もいるでしょう。

 

しかし、敏感肌の人はかぶれなどの肌荒れを起こしやすいので使用するデオドラントには注意する必要があります。

 

では、敏感肌の人でも安心して使用できるデオドラントはどのようなものでしょうか?

 

それは、刺激が少なくて無添加使用、保湿成分も配合されている肌に優しいデオドラントが良いでしょう。

 

また、ワキガの臭いも抑えたい場合は植物由来成分である柿タンニンやシャクヤクエキスなどの消臭成分や抗菌成分が配合されているデオドラントがおすすめです。

 

それと、敏感肌用のデオドラントでおすすめできるのは塩化アルミニウムが配合されていないデオドラントです。

 

塩化アルミニウムは敏感肌には刺激が強すぎるからです。

 

こうしたことからも分かるように、敏感肌用のおすすめデオドラントは、低刺激で肌荒れを起こしにくいデオドラントですので敏感肌の人は参考にしてみてください。

 

アットベリーお得な公式HP